日向夏のおいしさの秘密は、ふかふかの白皮(アルベド)にあります。ほんのり甘みのある白皮と、爽やかな酸味のある果肉を一緒に食べることで、日向夏の独特な風味を楽しむことができます。

  1. 日向夏は上から1/4くらいのところを切り中身をくり抜く。

  2. くり出した中身はほぐしておく。

  3. ほぐした日向夏とお好みの野菜、カニカマを1,のカップに盛りつける。

  4. 日向夏果汁、オリーブオイル、塩胡椒でドレッシングを作り振りかけて出来上がり。

日向夏のカップサラダ

材料(2人分)

日向夏     2個

カニカマ    適量

お好みの野菜  適量

オリーブオイル 大さじ2

塩       適量

胡椒      適量

日向夏      2個

手羽元      7本

A:酒      大さじ2

A:醤油     大さじ4

A:みりん    大さじ2

A:砂糖     大さじ1

日向夏でさっぱり鶏肉煮込み

材料(1〜2人分)

  1. 日向夏2個は中の白皮を残したまま皮をむき食べやすい大きさに切る。

  2. 蓋付き鍋に日向夏、手羽元、Aを入れて15分煮込む。(またはレンジ500Wで15分)

​みやざきブランド推進本部

​(宮崎県・JA宮崎経済連)

宮崎県農政水産部農産園芸課​ 

JA宮崎経済連販売流通課   

Tel.0985-26-7137

Tel.0985-31-2162

  • Facebook